熊本城を我が庭とする邸。熊本城西、新・天守に棲む。 熊本城を我が庭とする邸。熊本城西、新・天守に棲む。
この都市を愛する人が想い描く、理想のすまいとは?慶長12(1607)年、加藤清正が当時の最先端技術を投じて完成させた、名城熊本城。400年に亘る日本の様々な歴史の舞台となり、現代に於いても、歴史に名を刻んだ英雄達の志を感じ取れる場所。誰もが憧れ続けてきた熊本城のすぐそばだからこそ得られる快適がある。市内全域の利便を余すことなく享受する中央区・熊本城西エリアに、熊本城を我が庭とし、まさに新・天守の主としての暮らし心地。「利便性」「熊本城生活区」「意匠と景観の融合」「先進性」「適正価格」など、長い暦を重ねた礎の上に、新時代のライフスタイルを築き上げる。ここで、培ってきたオーヴィジョン哲学の更なる深化を─。 この都市を愛する人が想い描く、理想のすまいとは?慶長12(1607)年、加藤清正が当時の最先端技術を投じて完成させた、名城熊本城。400年に亘る日本の様々な歴史の舞台となり、現代に於いても、歴史に名を刻んだ英雄達の志を感じ取れる場所。誰もが憧れ続けてきた熊本城のすぐそばだからこそ得られる快適がある。市内全域の利便を余すことなく享受する中央区・熊本城西エリアに、熊本城を我が庭とし、まさに新・天守の主としての暮らし心地。「利便性」「熊本城生活区」「意匠と景観の融合」「先進性」「適正価格」など、長い暦を重ねた礎の上に、新時代のライフスタイルを築き上げる。ここで、培ってきたオーヴィジョン哲学の更なる深化を─。 オーヴィジョン上熊本Ⅱ

※掲載の完成予想図は、設計段階の図面を基に描き起こしたものに、14階相当の眺望写真(2020年11月撮影)を合成したもので、実際とは多少異なる場合があります。また、完成予想図で表現されている植栽は竣工時から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。

このページの上部へ